お知らせ・へぼの徒然草(ブログ)

fujiyasu23.exblog.jp
ブログトップ

種の交配について

 8月3日(水)、いつもヘボを採取しているところを変え遠出をしました。私の活動場所より愛知
県内の標高の高いところでのヘボ採取です。目的は、交配用の種ヘボを得るためです。仲間4人と出かけ、3巣とプラスアルハ1巣を見つけました。アルハ1巣は、最初の巣を見つけたところから1mくらい離れたところにもう1巣通っているところを偶然見つけました。掘り出すまで、いろいろと仲間と詮索をしました。ところがその1巣は巣のありかがわからず掘り出せませんでした。
 標高の高い、寒いところのヘボは、栄巣を遅く取りかかり早く終わってしまいます。言い換えると短期間に巣を大きくするということです。したがって、8月3日時点の巣の大きさは、私の活動場所の巣よりかはるかに大きいことが伺われます。したがってこの性質(遺伝子)を利用し、私のところのへボと交配させて、大型巣ができることを期待したい。
[PR]
# by fujiyasu23 | 2011-08-04 11:48

佐久間ヘボ愛好会訪問

 7月24日(日)に、静岡県佐久間町の佐久間ヘボ愛好会を訪問しました。事務局の森下栄之助さんと伊藤利光さんが対応していただきました。
 訪問の趣旨は、全国地蜂連合会の会報の中に佐久間ヘボ愛好会を紹介したいので来ました。さっそく会の活動内容や飼育現場、施設をみせていただきたいと伝えました。主立った活動内容は、女王を越冬させてかなり高い確率の繁殖に成功していること、昨年度から生堀り、現場で吊り巣にして飼育していること、ヘボ探しの目印の工夫とその飼育現場、施設を見せていただきました。佐久間ヘボ愛好会は、かなり熱心に活動されて十分な成果を上げてみえることが伺われました。
 最後に森下さんから、約10数年前に串原を訪問したり、前会長の三宅尚巳さんよりご指導を受けて今の自分達があると言ってみえました。どの愛好会も活動内容、飼育施設等がそれぞれ工夫されていているが、あまり表面にでてきていないのが現状です。ここら辺で、串原、三宅前会長への感謝の念と、全国の各愛好会の活動内容(研究、創意工夫)を調べ良いところを取り入れたいものです。f0231331_9423997.jpg
[PR]
# by fujiyasu23 | 2011-08-01 15:55

蜂の子の健康食品

 2月7日 このごろ我が家で取っている新聞の広告欄に、しきりに健康食品で「蜂(ミツバチ)の子」が記載されている。広告の写真は、祖母に孫がそーと耳打ちをして何か話しかけているシーンです。その中のサブタイトルに孫と楽しく話しがしたい!、補足説明に会話、TVの音がきになりませんか?と書いてある。それがあたかも耳が良くなり、良く聞き取れるようになったとも記載されている。
 私は、蜂(ミツバチ)の子には耳の機能回復・正常にする作用があるのかとびっくりしました。また、従来の蜂の子とはここがちがうんですということで以下の説明書がありました。要約すると、生後21日の雄蜂と新女王蜂にミツバチの花粉とプロポリスを配合した蜂産品メーカーならではの一ランク上の蜂の子であるとの説明です。
 私は、草々その商品を注文して取り寄せました。また、発売元に電話でどのような理由で耳がきこえるようになるかを聞きました。すると製品は医薬品ではなく、滋養強壮剤です。したがってすぐに効果的な作用が出るのではない。この製品の効能は、試食している方々の意見として出てきたとのことでした。
 インターネットで蜂の子の製品を調べてみると、ミツバチを使った蜂の子製品がおおよそ24個ありました。改めて、蜂の子を以前から健康食品として製品化されていたんだと知らされました。
 へぼの蜂の子について考えてみよう。へぼを食べる栄養豊富な最適時は、新女王が幼虫・蛹としてつまった時である。ミツバチの蜂の子と同じように、新女王、雄蜂がいます。そこにローヤルゼリーとプロポリスが存在すれば、へぼもミツバチと同じ健康食品になりうると思われます。ローヤルゼリーは、新女王誕生から生育までに必要とされています。へぼは1巣から500から1500匹ぐらいの新女王が誕生します。したがってかなりのローヤルゼリーが存在することが伺われます。
 へぼの成分組成を分析すれば、健康食品として製品化できるのではないかと思われます。f0231331_951390.jpg
[PR]
# by fujiyasu23 | 2011-02-07 18:45

ブログが半年発行誌

 平成23年1月30日、約半年ぶりの更新です。最終投稿があったのは平成22年7月4日、それから今まで何をしていたのかと、もしこのブログを読んでいただいていた読者諸氏にはご立腹のこととお詫び申し上げます。「ほんとうにすみません」でした。
 いささか言い訳をさせていただきます。平成22年7月、第1号の飼育用へぼの巣を入れたのが最後にブログ投稿が途絶えました。その後第2、第3巣を入れることで忙しくなりました。そうこうしていると、7月下旬現代農業という雑誌の農文協さんから「季節 地域」という雑誌の記載依頼をうけ忙しくなりました。また、私ごとですが8月に入り実父の入院・死亡、9月長野県大町地蜂サミット参加、10月名古屋でのCOP10出展・参加と忙しい日々が続きました。そして、10・11月の全国各地のへぼコンテストの参加および地もとのコンテストの準備・開催と月日は過ぎていきました。
 忙しい中ブログを書こうと思えばできたと思いますが、ほんとうのところは実父の急な死亡に伴う精神的なショックでブログが書けない状態でした。
 今はそのショックも無くなり、このようにブログ投稿を開始しました。これからはできるだけ多くのブログ投稿したいと思っています。読者諸氏によりベターな蜂に関する情報、考え方が伝えられたらいいなと思っております。
         f0231331_1194435.jpg   
[PR]
# by fujiyasu23 | 2011-01-29 11:13

我が家のヘボは朝寝坊である

 7月4日(日)にヘボの巣を掘り、植え付けをしたが、次の日の朝6時に見回りに行くと通っていない。三日間同じ時刻に見回るが、通っていないので段々と不安になってくる。掘り出す時、壊さずにいれたはずだが、もしかしていぶし過ぎて働き蜂が死んでしまったかもしれない。四日目も、見回ると同じように通っていない。しかしよく観察すると、砂糖水が少量ではあるが減っている、餌もほんの少しではあるが減ってかじった跡がある。ひょとして、このヘボは死んだのではなく生きているかもしれないと、僅かな期待が湧いた。
 仕事の関係で我が家のヘボを見ることができるのは、早朝だけで日中、夕方はできない状況にある。7月11日の日曜日が休みだったので、昼に見回ったところ何と通っているではないか。「我が家のヘボは朝寝坊」であることが判明した。たぶん掘り出した時にいぶし過ぎで蜂にダメージを与えすぎて復旧に時間がかかり、最初の段階は通っていないことが想像される。何にしても、自分は蜂の気持ちがわかると思ったが、まだまだそに閾には至ってなく強く反省させられた。
[PR]
# by fujiyasu23 | 2010-07-29 15:38